« ヘアーショー | トップページ | ヘアーショー »

2010年11月19日 (金)

ご縁なお話

関西には、jazzやlockなどのドラムを叩くアーティストは沢山おられます、今年12月に神戸ハーバーランドで関西初のゴージャスなパーティーでフラメンコ音楽を披露してくださるバンドがあるのですが、そのパーカッションを担当してくださる高野正明氏のjazzトリオが昨夜、大阪西区の友人のBARギャツビーで演奏するというので覗いてきました。

高野氏は現在、関西ではバリバリのアーティストで、全国からも引っ張りだこ!

有名人のバックバンドや劇団四季を担当したりと幅広い活躍をしておられる重鎮です!

12月のパーティーもお願いしてる事だし、ご挨拶をと名刺交換!

LIVEが始まり、高野氏のドラミングを拝聴してると・・・

あれ~?この人何時かどこかで観た事ある人やないかな~・・・?と

思い出しました!

・・・あれは今から約20年前、お互いが25歳前後の頃、私はお店をしていましたが、まだまだ修行中の身で、フリーのスタイリストなどしながら大阪の街を行ったり来たりしていました。

その当時私は「大阪で生まれた女」で有名なBOROさんの専属ヘアースタイリストをしていた頃で、桑名さん、もんたさん、上田正樹さんなどそうそうたるメンバーにもお会いしていた頃です。

ある時桑名さんのマネージャーさんから、桑名さんのLIVEがあるから来ないか?とお誘いを受け、お邪魔しに!演奏が始まって間なしに、満員の会場で突然怒声が飛び、何かと思いきや、桑名さんが若いドラムの青年を演奏中にも関わらず怒鳴りだしたのです!そのけんまくたるや凄まじく、缶ビールは投げつけるは、異様でした!

当時は、それをあおる様な時代でしたから異様な盛り上がりで、私とマネージャーはドラムの青年が気の毒でかわいそうやな~なんて話をして気遣ったのを今でもハッキリ憶えています。

当然、その時のドラムの青年を覚える訳で・・・

今回、高野さんのドラムを聞いてたところ、ん!ん!?

もしや、この人あの時の桑名さんの時の・・・

とりあえず演奏が終わり、高野さんとお話をしながら何気なく、当時の話を振ってみると!

あれ、私です!え~~~やっぱり!

と言うことになり、20年ぶりの再会で、当時の思い出話に浸りながら、高野氏いわく、あの出来事があって今の自分がいる様な気がしていると・・・

当時は駆け出しの25歳の無名ドラマー、一方桑名さんは全国的大スター!バランス的に無理があるのは明白ですが、それでも桑名さんが指名したのは、高野氏の才能を見込んで育てようとしたからやと、今はお互い理解できる歳になり、美容もドラムも技術が必要!お互い、途中で投げ出さず、高野氏はドラムを続け、私は現役美容師を続けてる!

なんか旧友に出会えたようなとっても素敵な夜になりました・・・

そしてまたまた、最近高野氏はそのBOROのバックでドラムを担当しているそうです!

凄いスクランブルなご縁です!お互いええオッサンになってしまいましたが、ちょっぴり良い輝きを手に入れてると思います・・・

20年の歳月を経て、こんな形でお会いできるなんてなかなか無い事なので、よっぽど不思議な縁があるんだと思います。皆さんも是非高野正明というアーティストのドラムやパーカッションを聴いてみてください!

苦労してきた哀愁が身に沁みますよ!

101118_221843

すっかりお互いおじさんになってしまいました・・・

*写真掲載・文章はご本人の了承のもと配信しております。

11:09 午前 ZORIのこだわり独り言 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109797/50070903

この記事へのトラックバック一覧です: ご縁なお話:

コメント

コメントを書く